食事療法とサプリの二刀流で太刀打ち|糖尿病の血糖値を管理しよう

グルコサミンの働きとは

膝

ひざ軟骨の生成と修復

年を重ねるほど膝の痛みに悩む人が増えてきます。その原因は加齢による膝軟骨の磨り減りです。膝軟骨は関節と関節の間のクッションの役割を果たし歩くときの衝撃を少なくします。しかし長いあいだ使っているとその軟骨が消耗し壊れやすくなってしまいます。そのせいで関節が直接ぶつかり炎症や変形性膝関節症などの病気を引き起こしてしまうのです。病院では膝の痛みに対して痛み止めやシップなどが処方されますが膝軟骨の最終的な治療は手術しかありません。そんな膝軟骨を生成し補修する働きをするのがグルコサミンです。グルコサミンは元々軟骨にありその機能をサポートしている成分です。これはエビやカニに多く含まれている成分ですがサプリメントならかんたんに摂取できます。

植物由来のものも

グルコサミンのサプリメントは一日の必要量が配合されておりほかにもコンドロイチンなどの有効成分が含まれています。コンドロイチンはグルコサミンと同じく膝の痛みに効果のある成分です。これは軟骨の分解を抑制し軟骨に水分を保つ働きをして膝の痛みを軽減します。またグルコサミンは体の中でコンドロイチンを作り出す働きもします。グルコサミンにはとうもろこしなどの植物由来の成分もあります。これはエビやカニアレルギーの人でも安心して飲むことができます。またエビ、カニ由来のグルコサミンは独特なニオイがするので気になる人は植物由来の製品を利用する人もいます。しかし最近はニオイを消して飲みやすくしたサプリメントも増えてきました。